Menu

年齢別の購入計画

積み木

物件選びのポイント

2500万円程度で購入可能な新築一戸建てがあるために、岡崎市内では30歳までにマイホームを購入する人も多いです。特に初めて分譲住宅を買う人たちに人気があるのは、収納スペースが広々としている、岡崎市郊外にある新築物件です。市内中心部と比較すると土地の価格も割安なので、一次取得者層も気軽に新築一戸建てを買うことができるでしょう。しかし育ち盛りの子供がいる、40歳前後のサラリーマン世帯の間では、敷地面積が50坪以上のゆったりとした分譲住宅の注目度が高いです。マイカー通勤をする共働き世帯が岡崎には多いために、駐車スペースが2台分確保できる物件を選ぶ傾向が顕著です。地元で数多くの分譲住宅の販売を手掛けてきた不動産会社は、地域のニーズを的確に把握しているので、手ごろな物件をすぐに紹介してくれるでしょう。また岡崎市中心部の分譲住宅にこだわる人もいますが、最近では近隣に学校や商業施設が完備している点に注目して、物件を選ぶのが流行です。周辺環境にもこだわって分譲住宅を自社開発している不動産会社は、快適に暮らせる物件を販売しているので、初めて岡崎に移り住む人も安心です。そして歴史のある街並みに魅力を感じて、岡崎市内で住まいを探している50代に人気があるのは、ハイグレードな設備にこだわった新築一戸建て住宅です。とりわけ大手ハウスメーカーが分譲している新築一戸建ては、キッチンや浴室などが通常よりも広いために、シニア層にも大人気です。